環境への取り組み

トップページ > 環境への取り組み > 環境データ > 【4月京都】フジバカマとフタバアオイ

【4月京都】フジバカマとフタバアオイ

こんにちは。京都本社「緑化及び生物多様性」を担当しております、奥村です。このKESの取組も3年目となり、緑がある職場でいろんな生物(仲間の社員も生物)が集まってワクワクさせたいなと気合はいっています!

京都4月のフジバカマ

写真はこれまでと同じように5階のテラスで育てている、フジバカマ君です。2年前に当社にやってきてから病気などの乗り越えて、昨年は見事アサギマダラを呼び寄せるなどし、3年目順調に育っています。ですが・・・

sankyo_futabaaoi_170428

京都フタバアオイ4月の様子

jitaku_futabaaoi_170405jpg

自宅フタバアオイ4月の様子

フタバアオイなんですが、4月のこの時点で葉を落としてしまいました。最初の写真は今朝の状態でもう跡形もありません。2枚目はひと月前の3月の様子で、左側に緑色のものが見えるのが顔を出してくれていた若葉です。昨年よりも早い時点でこうなってしまったのは、よほど当社の環境がフタバアオイに合わないのでしょう。場所も1階にもっていったり、テラスに移したりいろいろしたのですが・・・

比較のために自宅で育てているフタバアオイの写真を紹介します。先に芽を出したのは会社の方だったのですが、育つスピードが全然異なり、4月5日の時点で3枚目の写真、26日には4枚目の写真のように成長しています。同じ私が育てているので、違いは育てている場所だけなんですが・・・。もっとも、昨年のブログで紹介したように自宅のは神社から直接分けてもらった株なので神様のご加護があるのかもしれません。

生き物というのはあれこれ手を掛けても、個性・相性というものがあるようで思いどおりに成長させることが出来ないものだと、3年にわたって実感せざるをえません。今後はフジバカマの育成に注力します。フタバアオイは昨年も自宅のを会社に持って来たとたんに枯らしてしまったので、地味に家で育成したいと思います。

ログイン

コメントを残す