トップページ > 三共ジャーナル > IoTレポート > レポートNo.01-1「株式会社コンテック様 小牧事業所見学」

イベント

2018年02月23日

  

レポートNo.01-1「株式会社コンテック様 小牧事業所見学」

      
     

画像1

株式会社コンテック様 小牧事業所[/caption]

1月30日、当社社員15名が愛知県小牧市にある株式会社コンテック様の生産拠点である小牧事業所にお邪魔し、自社製品を使って工場の効率化を進められている様子を見学させていただきました。

株式会社コンテック

産業用コンピューター、IoT機器、IoTソリューションの提供をつうじて現在、意欲的にグローバルIoT市場の開拓を進められるメーカーです。「産業用コンピューター」「計測制御」「ネットワーク」の3つのコア技術をもとに、M2M/IoTソリューションを実現されるのが同社の強みです。

  本社: 大阪市西淀川区姫里3-9-31
  資本金: 11億1,960万円
  従業員数: 617名(グループ計)
  売上高: 233億6,698万円(2017年3月期連結売上) 以上 同社HPより

   ホームページ: https://www.contec.com/jp

1. 株式会社コンテック 小牧事業所の紹介 

コンテック様は1975年に創業されパソコン用のインターフェイスボード、特にNECのPC-98シリーズバス互換ボードコンピュータで注目を集め、その後産業用コンピューター、太陽光発電データ計測/表示システム、無線LAN製品など製品群を拡大されました。これら製品のノウハウを活用して2015年からはIoT市場向け商品「CONPROSYS」を開発・販売されています。

今回ご訪問した小牧事業所ではこの「CONPROSYS」をつかって各種データを収集し「見える化」の実践されるとともに、「CONPROSYS」を使ったM2M/IoT実践のプレゼンテーションを外部見学者を積極的に招いて行われています。

No.01-2へ続く

 

ライター画像

ライター: 奥村 博之

4月から営業企画室へ所属も変わって心機一転。「更に新しいステージ」の足場を確かにするため、ちょっと違った切り口で仕事を捉え直したいと思います。アイディアだけに終わらせない、スマートでなくても、たとえ僅かであっても何かが残せるそんな毎日が目標です。

ライターの社員ブログはコチラ

コメント

ページの先頭へ