TOP > ソリューション > 粉体・流体ソリューション

粉体・流体ソリューション

img-powder01 現在ハイブリッド自動車やスマートフォンなどが用いられる電池の製造においては、その製造工程で粉体・流体の取り扱いの必要があります。同時にこれらの効率的な制御が求められています。当社は電子部品製造工程における粉体・流体の取り扱いの経験をもとに、新素材、食品などの分野でも粉体・流体に関するソリューションを提供しております。経験豊かな担当者がお客様の課題について適切に提案させていただきます。

中部熱工業

「スプレードライヤー」チャンバー内のアトマイザーと呼ばれる噴霧器先端に取付けられたディスク(円盤)の回転を利用し原液を熱風中に噴霧、熱気流との接触により水分蒸発(溶剤)を効率よく行い、乾燥した粉体を生産する装置がスプレードライヤーです。水分の代わりに有機溶剤を使用した原液、空気との接触を嫌う製品の乾燥も可能です。(クローズタイプ)ディスクタイプスプレードライヤーは、ディスクの回転数、原液濃度を変える事により希望サイズの粒径が得られ、温度設定により製品の変化に対応する事ができます。セラミック・食品・薬品と多方面で普及した装置です。

クリーンバルブ工業

「タンク底ボールバルブ」 液だまりを極力減らした構造で、材料のムダ低減、更に液だまりの低減により洗浄性(洗浄時間の削減)が改善した点が評価されています。 「ロータリーバルブ」 他社にない、小口径のロータリーバルブのラインアップでお客様の選定幅を広げています。サニタリー仕様で洗浄性も抜群です。

アサヒ電子研究所

センサーロール ロールシャフト自身に超小型力覚センサを内蔵したテンションセンサで、既存装置のロールに取付が可能です。また、運転温度範囲が広範囲(-10℃~+180℃)で更に、真空環境適用性(真空度10-7TOrr対応)ということもあり幅広い業界で採用されています。

高千穂機械工業

「プレシジョンギアポンプ」高精度を要求される合成繊維の紡糸用として開発されたものですが、その加工精度はすべて数ミクロン内。このため定量性は極めて高く低粘度時においても容量精度は他の追随を許しません。また、このポンプ以外に溶解鉛、特殊樹脂、食品、香料その他用に700種以上の製作が可能です。駆動部はアウターギヤ付、シャフト伝導、取り付けはピポットサドル方式、固定マウント方式があります。

サービスメニュー

  • 新規プラントのご提案-スプレードライヤーの導入など
  • 既存プラントの改造-サニタリー化やコンタミレス化など

対象となるお客様

電子部品、ケミカル、食品、化粧品などの製造業

既存プラントの課題に対応

粉体サービスは、新規プラントのみならず、既存プラントの改造(サニタリー化やコンタミレス化等)といったご相談にも対応します。当社の粉体サービスにお 気軽にお問い合わせ下さい。この粉体サービスは当社と各種装置・機器メーカー様との連携・協力関係によって形作られており、きっとお客様にご満足いただけ るご提案をいたします。

機能とコスト

当社のご提案するスプレードライヤーは導入コストを抑えつつ、液体の粉末化や原材料の混合機などに優れた機能を持ったものです。一方、ユニーク特徴を持ったバルブは既存プラントにおいて取付け位置に制約がある場合の変更・交換に加え、コスト面でご好評いただいております。

粉体・流体ソリューション のお問い合わせはこちらから

ご質問などお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ先 お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ

Copyright Sankyo-Seiki Co., Ltd, All Rights Reserved.