社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > 知恵の経営、再び

知恵の経営、再び

2011年に京都府から「知恵の経営」認証をいただきました。設立60年、リーマンショック、社長交替…それまでの来し方を振り返り、今行なっている事業を再度見つめ直すことで、自社のことを誰よりもまず「社員」に理解してほしい、そんな想いで文書化したものです。3月東日本大震災で出張がキャンセルになり、私にこれを書く時間が生まれたのも、何かの因果だと感じました。そこから2年。その後に入社した社員も増えました。

2012年には「知恵の経営」を踏まえ、中期経営計画「STEP FORWARD 2014」を策定。今年2013年度はその2年目に当たりますが、そもそもこれらの「知恵の経営」や「SF2014」を理解していないと、今期の方針の中で述べている言葉の意味や、その背景にある流れやコンセンサスについても理解することができません。だから近年入社した若手社員らを中心に、再度「知恵の経営」から落とし込む場を作ろうということになりました。

私が全社を遊説して回ろうと思っていたのですが、当時もこれらの話を聴いていた管理職クラスの社員に私がもう一度レクチャーし、彼らが理解を深めた上で、彼らの言葉で、彼らの部下に語り伝えてもらおうということになったのです。昨日、社内会議が終わった後、管理職有志で集まってもう一度「知恵の経営」の概観説明を行ないました。当時作ったパワポを使って話しました。当時よりも穏かに話している自分に気が付きました。

9人の社員が、静かに耳を傾け、頷き、メモを取りながら聴いてくれました。私は特に準備もなく「知恵の経営」の流れで想いを語ります。私が一番感じていたのは、文書化しておいて良かったと言うことです。当時書いた自分の感想を再読して思うところがあった人もいました。当時初めて読んだ時の気持ちを語ってくれた人もいました。時間が経てば見方は変わる。でもこの時に書き留めた文書は残る。今度はみんなが語る番です。

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>