社員ブログ

世界人材調査

突然ですが桂枝雀さんが活躍されていた頃、番組名は忘れたのですが週末の夜遅い時間に「枝雀寄席」(違ってたらすみません)というのがあって毎週見ていました。落語は面白かったのですが、もうそんなに覚えていません。覚えているのは”まくら”が子供心にも”すごい”と思えた内容でした。ある日阪急電車に乗った枝雀さんは先頭車両の運転席が見える位置から、運転手さんの操作を見てられました。 そんな話はまくらにも何にもならない普段の景色なのですが、枝雀さんの真似する運転手さんのハンドル操作がとても面白いのです。プロの着眼点とそれを笑い話にしてしまう芸に感心したものです。 さて本題ですが、「世界人材調査」をいうのをご存知ですか。私も初めて知ったのですが、これはスイスで経営者を育成している国際経営開発研究所(IMD)の世界競争力センターが実施する調査で、各国が国内人材の開発と国外人材の誘致のバランスのとれた政策の実施をとおして、企業活動に必要な人材を集めて育て、維持する能力を測定したものだそうです。 1位からスイス、デンマーク、ルクセンブルク、ノルウェー、オランダ…。アジアでは10位にシンガポール、12位に香港が入っています。気になる日本は61ヶ国中26位語学力はワースト2位です。反面「優秀な人材確保」の項目は堂々の世界1位。徒弟制度と社内教育でも5位です。閉じた世界では力があるようですが、やはり世界大会では苦戦するようですね。

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>