社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > 一二三四五五十

一二三四五五十

一・・・1つの目標。製造強国になる。

二・・・情報化と工業化の2つの方向性を深く融合・発展させることで1つの目標を実現する。

三・・・「三段階発展戦略」25年までに製造強国の仲間入り。35年世界の製造強国で中レベル。そして、新中国成立100年(2049年)をめどに総合力で製造強国のトップクラス入り。

四・・・「市場による主導、政府による誘導」、「現在に軸足を置き、遠い未来を見据える」、「全面的な推進、重点部分の飛躍」、「自主発展、協力・ウィンウィン」を目指す。

五その1・・・「イノベーションによる駆動」、「質優先」、「グリーン発展」、「構造の最適化」、「人材中心」

五その2・・・「製造業イノベーションセンターの建設プロジェクト」、「製造業の基盤強化を目指した工業基盤強化プロジェクト」、「製造業の基盤強化を目指した工業基盤強化プロジェクト」、「スマート製造プロジェクト」、「グリーン製造プロジェクト」、「ハイエンド設備イノベーションプロジェクト」。

十・・・「次世代情報技術(IT)」「ハイクラスデジタル制御工作機械とロボット」、「宇宙航空設備」、「海洋プロジェクト設備とハイテク船舶」、「先進地下鉄・都市鉄道設備」、「省エネと新エネルギー自動車」、「電力設備」、「新材料」、「バイオ医療と高性能医療機器」、「農業機械設備」

これらはお隣の中国がドイツの「インダストリー4.0」の刺激を受けて「中国製造2015」と題した計画の内容だそうです。私は先進国は金融が国家の主たる産業になるのだろうと考えていましたが、アメリカでは過去にオバマ大統領が製造業の国内回帰を推進するメッセージを発したことやGMが金融部門を縮小するなど人がモノを作るということは廃れない、未来のためにスルーできないことのようですね。

では、日本はどうかというと、乗り遅れたせいかこういう計画を言葉にするのに抵抗があるようで、私が知るところ聞かれません。ところが、素直でなくてドイツに日本の様々な人が情報収集に行っていて、かの地では「また日本人かと」うるさがられているという噂のネット記事も見ます。

確かに今では聞かれなくなった「ユキビタス」とどうちがうねん!と突っ込みたくなるのですが、何かこの動き匂いがしませんか? もう少し次世代製造の世界的な動きを調べたいと思っています。

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>