社員ブログ

Nocturnes

2017年ノーベル文学賞は、カズオ・イシグロさんが選ばれましたね。個人的には嬉しいです。とても品の良い落ち着いた文章で、新規性も含め常に読み応えのある作品を生み出す作家だと思っていましたので。数年前から毎年、村上春樹さんが本命候補!と呼ばれながら空振りになっているので、本人は多分別に賞が欲しい訳じゃないでしょうが、世間の期待も大きく気の毒な感じがします。この両氏、私が思う共通点と相違点があります。

まず相違点、それは作品数です。イシグロ氏より村上氏が圧倒的に多いでしょう。数だけでなく、短編も翻訳も長編もエッセイもノンフィクションもあって、ジャンルが多い。これは村上氏が小説家としてデビューしてから、阪神大震災や地下鉄サリン事件や東日本大震災に、作家としてリアルタイムで接したことで得た閃きと行動の足跡です。私も大学時代に「風の歌を聴け」から読み始めた口なので、それ以降の足取りが何となくわかります。

共通点はたくさんあります。英語の作品が多いこと。イシグロ氏は当たり前ですが、村上氏は日本の作家では最多の一人なんじゃないかな。また村上氏の文体は英語と相性が良い。音楽への造詣が深いのも、世界中でイメージしやすい固有名詞のアイコンを作品中に効果的に配置するのも、共通項だと思いますが、一番は読後に何とも言えない余韻があるということかなと。作家はそこに書いてある具体的な事象を言いたい訳じゃない。

表紙を開けた時から、その文章に宿る雰囲気が読者をその作品世界に誘い、読み終わった頃にはその物語の向こうに、いつか忘れて来た懐かしい時代や恋心や郷愁を、確かに感じることができる。芸術は競い合うものじゃない。文学にはその人に相応しい時期があって、素晴らしいと思ったならその作品にただ浸ればいい。因みにイシグロ作品初めての方には、「夜想曲集」(原題:Nocturnes)が短編集なのでお薦め。読書の秋、大人の本。

1710060117100602

 

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>