社員ブログ

スポーツの秋

本日は体育の日です。

先週末クアラルンプールの街中を歩いていると、道路沿いに小さなスタジアムを見つけました。中ではサッカーの試合が行われており、見ていると、ある選手のシュートがゴールを大きく越えずいぶん高く上がり、何と隣の道路にバウンド、勢いのまま更に奥の住宅地へ入っていき見えなくなりました。こわいなと思ったのが、その道路はほぼ絶え間なく車両が行き来しており、このボールがバウンドした時もすぐ後ろに自動車が走っていました。私はその車を後ろから見ていたので、ドライバーの様子こそ分かりませんでしたが、急にブレーキランプがついたので、結構驚いたのでは。

そして直ぐにスタジアムを見直すと、そりゃそうだ、ゴール後ろの柵が低すぎること。確かに今回のシュートは大きく外れたのは事実だけど、この低さじゃ、しょっちゅう道路に飛んでいくだろうに。はい、いつもの事です、と言わんばかりに、間もなくゲームは再開。そのあと誰かがボール探しに行ったのかな。

それより何より、これでもし交通事故が起こっていたらどうなる?誰の責任?

日本なら小学校いや幼稚園の運動場でももう少し高い柵を設けてますよ。

というのが瞬時に頭をよぎる(ってしまう)のは日本人だからでしょうか。

IMG_20171007_181922_resized_20171009_095827834

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>