社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > G1関西 in 奈良 前半

G1関西 in 奈良 前半

1809080118090802

土曜、恒例の「G1地域会議」に出席。各界のリーダーが集まるG1の、関西・中四国・九州・東海を、4年に一度順番に回る地域会議です。今年は2度目の関西開催で、ホスト地は1300年の歴史を誇る古都奈良。会場は奈良ホテル。冒頭、G1発起人であるグロービス経営大学院の堀学長と、奈良市長仲川げん氏よりご挨拶。昔の寺院の建立理由は、多くが苦しい時の祈祷目的。今も困難な時に、日本人の心のふるさとになっていると。

18090803

第1部全体会議は、「関西がリードするテクノロジーの進化」という題で、理化学研究所理事長松本鉱氏と、京都大学総長山極壽一氏の京大新旧総長対談です!セッションで特に印象に残ったのが、この「理系」なお二人が「人文科学」がとても大事だと認識してらっしゃるいう点です。「思想なき科学技術は暴走する」という二人の良識は、日本の良心だと思いました。関西は日本を「背負ってない」から、自由で大きな世界観を持てるとも。

18090805

松本理事長が総長時代に発案し作られた「思修館」。その流れにある「ELP(Executive Leadership Program)」で、今月末から私も学びます。この想い、しっかり受け止めようと思います。その流れで第2部分科会は「関西から発信する大学改革の新たな方向性」へ。台風と地震対応で欠席となった世耕経産大臣に代わって堀学長が入り、京大山極総長、同志社大学村田晃嗣教授、慶応大学総合政策学部中室牧子准教授のセッション。

18090806

セッション後、山極総長に「この秋からELPでお世話になります」とご挨拶に伺うと、「あそこに来る方はユニークな意見を持たれてる方が多いので面白いですよ」と言われました。その後ランチタイム・ワークショップ。テーブルメンバーで「(2025大阪へ誘致予定の)万博を起爆剤にした成長~関西だからこそ可能なイノベーションを起こすには~」を議論。KBSの竹内アナウンサーと隣の席でした。みんな話が上手い。盛り沢山過ぎてお腹一杯!

18090807

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>