社員ブログ

違う位相へ

1月も今日で最終日。今月は何といっても新年顧客挨拶訪問が多かったのですが、こんなに多いかと感じたのが「インフルエンザ」でした。特に今月後半に入って、行く先々でご担当者の方が、インフルエンザで休みとか、実は私も先週までかかってましたとか、某社に至っては社長から役員から担当部長さんまで、全員が同じ日に発症。会う予定の方が誰一人いないという状況も。こんな経験は過去の挨拶訪問で、初めてのことでした。

幸い私はまだかかっていません。というか過去にもかかった記憶が、ほとんどありません。予防接種も全然打ってないし、マスクもしてないのですが。。どういう因果でかかるのですかね。価値中立の表現としてご理解いただく前提で、インフルエンザって「ゾンビ」みたいだなと思います。別に噛みついたりするわけじゃないですが、近くにいる人への感染率がとても高く、どうも「蔓延」してしまいがちです。そしてすごくパフォーマンスが低下する。

違うところは、ゾンビはゾンビになったら基本そのままですが、インフルエンザは治ったらまた「普通」に戻ります。当たり前ですが。ただインフル罹患中は高熱になることもあり、その時点では「位相が違う」人になるという感じが、何となく似てるなあと。それにしても最近は特効薬があって、その薬を飲むと一日で熱は下がるらしいですね。ウイルスを撒いてしまうリスクを鑑み、会社や学校には熱が下がっても、数日は出ないのが通常対応。

1月が終わるから、あっという間だなと思うのですが、例えば私このブログを書いた後、某大学に講義に行くことになっており、私にとってはまだ今月は終わらない。休日や帰宅後に少しずつその準備。だから個人的に今月は結構長い。どこかで「早く終わってくれー」という想いも。これは普通の自分と「位相が違う」と感じます。今日が過ぎるとインフル的に普通に戻っても、ゾンビ的に新たな違う位相に変わった、自分を発見するのでしょう。

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>