社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > KESステップ2 SRへの旅路

KESステップ2 SRへの旅路

「KES環境機構」から依頼があり、今年度の「KESリフレッシュセミナー」で事例発表をして参りました。弊社は2002年に「KESステップ1」を取得。2006年から「KESステップ2」にステージアップし、以後毎年更新して来ましたが、昨年10月に更にその次のステージとなる、「KESステップ2SR」という認証を取得しました。SRとはSocial Responsibility=社会的責任のこと。CSRとよく言われますが、学校等も取得可なのでCが省かれています。

現在ステップ1または2取得で、今後SRにステップアップしたいと考えている企業、あるいは会社の環境管理責任者になりKESの考え方や、取組み項目の設定方法や書類の書き方を勉強したいという方々向けに、こういったセミナーが定期的に行われています。今回はうちが昨年SR取得したばかりなので、これまでの流れや今回SRに踏み切った理由等を30分で発表しました。まずステップ2と根本的に違うのは、「環境」だけじゃないこと。

19022602

SRは「ISO26000」を軸に、7つの中核主題が設定されています。1.組織統治、2.人権、3.労働慣行、4.環境、5.公正な事業慣行、6.消費者課題、7.コミュニティへの参画・発展。だから「環境」への取組みは、そのうちの1つだということです。つまり経営全般が問われる。世は「パリ協定」「SDGs」時代に入りました。むしろ環境だけで考えるということの方がムリがあるなと、ちょうど去年の今頃、中期経営計画をまとめている頃に感じていました。

19022601

KESからうちの環境活動は始まりました。ただ2008年からは京都モデルフォレスト活動も始めた。環境活動だけど、植樹本数やCO2削減量を目標化しているわけじゃない。インターンシップや大学での講義や、留学生採用や障碍者雇用や子育て支援をしているけど、これも「環境」枠では捕えきれない。つまりこれまでの活動は、SRの方が括り易くなったのです。自主的にやると自ずと社会目線になる。本業含む全体の企業活動がSRです。

 

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>