社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > 花粉戦線異状なし

花粉戦線異状なし

今年の花粉症は心なしかマシであります。2月下旬から「来た」と感じたので、今年は1か月ほど前倒しで、4月末頃まで2か月の長期戦を覚悟してたのですが、どうやら現在は「鼻しゅっしゅ」だけで薬も飲まず、何とか毎日クリアできています。花粉とは言うものの、この季節中国大陸からの黄砂かもしれず、それに紛れたPM 2.5かもしれず。コロナによる経済活動の停滞が、空気中の埃を減らしてくれているなら、それはそれで良。

37.5度以上の熱が…と言うと必ず、「37.4度の熱が出たらどうしましょう」といった話が出てきます。基準だけ考えたら「セーフ」、終了です。これは熱が出て体調が優れないので、業務に最大のパフォーマンスが発揮できない、という説明をしようとしているのではなく、「数値」に達したらヤバい(えらいこっちゃ)ということを、説明しているに過ぎません。大事なことは、体調であって熱ではない。体温はブレが大きく、平熱もまちまち。

個人的に近年気になるのが、台風の天気予報です。中心気圧が何とかヘクトパスカルで進路がこうだから「暴風警報」だと。結果、とにかく「暴風警報」が出ると自宅待機。でも結構当たらない。本当に「えらいこと」にはならない。もちろん万一を考えることは大事。その上で、でも「外れた時の責任」は誰も取ってくれない。天気はデータに加えて、空を見て空気を感じて、その時々に体が「ヤバい」と判断するものだと私は思います。

季節の変わり目に、布団蹴っ飛ばして寝てる人もいるでしょう。熱が出たという事実だけでは、何も判断できない。体調が悪ければ普通に休めばいい。あるいは少し無理してやる時もある。そのうち治ることもある。丈夫な人も、そうでない人も、雰囲気に呑まれる人も。確率の低いことを気にし過ぎて、確率が高くダメになることを、ルールだからと自分で考えなくなることが、一番問題だと思います。ひとまず花粉は今日もセーフだな。

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>