社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > 働き方 現在進行形 ナナメ読み

働き方 現在進行形 ナナメ読み

何にでもコロナを騙るゴタゴタは、国の方針も含めいずれ大いに批判されると思いますが、その中で結果的に多くの人に関係することになったのが、「働き方が変わる」という問題です。今朝の日経新聞にも本テーマで、大きな記事だけでも3本が掲載されてました。1つは「働き方innovation」と題し、「入社即在宅でも人は育つ」という特集。今や企業はテレワーク「だからこそ」の人材育成環境を整えねば、就活生に選ばれないと。

記事中で私が気になった言葉は、「対面しないからこそコミュニケーションは密に」「行間を読む力は教えにくい」「自律的に働くという意識も生まれやすい」「企業理念を分かち合うにには皆で顔を合わせる場も必要」等。テレワークは一定部分確かに機能したけれども、それだけじゃやはりダメで、リアルとのハイブリッドな運用が目指されているという意見が主流。肌感覚ではすごくわかるんだけど、本当はなぜダメなんですかね?

次は「経済教室」欄で、早稲田大学教授大湾秀雄先生が、「正社員の権利・義務変容加速」論を披露。コロナ危機は多くの気づきを企業に与えました。1つ目は、ICTツール導入・活用が急速に進んだこと。2つ目は、多くの従業員が在宅勤務の利点に気づき始めたこと。そして3つ目が、人的資本投資の重要性を強く認識。最後はアフターコロナを考えるWEBセミナー、「働き方や教育 より柔軟に」というお話。価値観が転換したと。

ここで注目されるのは、在宅勤務の結果、企業が「厳格な成果主義に走るのでは」と懸念を示し、もう既に「ゆるく考えてもいいのでは」と言っている点。教育に関しては、「これからは自分で何を学ぶのかを探す能力が必要」「本当に面白い企業を選ぶ」「選択登校制」や、「教師や生徒同士とのコミュニケーションこそが、学校に通う意義になる」と。学校の意味は、授業よりクラブ活動やHRに!そりゃ会社の意味も変わりますね。

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>