社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > 宇治を歩こう会

宇治を歩こう会

20111602

天高く馬肥ゆる秋、であります。京都機工組合主催、恒例秋の「歩こう会」に行って来ました。今年は宇治。昨年までなら宇治や嵐山等は、この時期観光客が多すぎて、50人で歩く組合のイベントには、むしろ不向き。観光地も昼食も、時間の見積もりや昼食の予約ができない。でも今年は最近ようやく、国内観光客が戻り始めた程度で、ちょうど良い。京阪宇治駅から天ケ瀬ダムへ。カワセミやカワウやジョウビタキを見ました。

2011160120111605

この日は会社の方も、今秋の京都モデルフォレスト活動があり、社員はそちらに参加。こちらもうちのHPでぜひ、ご覧いただきたいのですが、とにかく紅葉が美しい!美山に植林した紅葉も大きくなりました。ご当地宇治の方も全部ではないですが、ところどころ完全に赤や黄色に色づいた木が、山を彩っています。今年はとにかく地元の人が、京都に行く年なのかもしれません。Go toで安いからではなく、ゆっくり見学できるから。

20111604

天ケ瀬ダムまで歩いたら、また折り返して帰ってきて、中之島なんかを散策し、ウミウの家を見たり。ちなみに鵜飼いをやる時の「鵜」は、このウミウです。何でも茨城県の辺りの鵜を、全国的にも使っているとか。明らかに大きいんですね、カワウより。で、宇治川にたくさん飛び回っている自然の鵜は、カワウです。それ以外にも、サギやカモやセキレイが、目を凝らすとたくさんいます。あぁここで鳥を眺めながら、一日いれるなあ。。

20111603

昼食後、いよいよ平等院へ。一帯は楠木正成が燃やし損ねたので、平安建築が今に残る。平等院ももちろん美しいのですが、ここの宝物館が本当に素晴らしい。有名な定朝作阿弥陀如来像は、もちろんお堂に鎮座ましましています(見学は2時間半待ち!)。他の鳳凰や壁の飛天は全て、この宝物館に展示してあります。吹き晒しで劣化するのが明らかだし。本物の鳳凰の迫力は凄い。撮れませんが。そうだ、今こそ京都に行こう。

20111606

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>