社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > 愛を込めてアクリル板を

愛を込めてアクリル板を

21020501

さて本日はKMGトレーニング3日目、レーザーカッターの巻。↑右側のtrotecを使って、私が筆で書いた文字を、アクリル板に刻んでみる!というアイデア。和紙に筆で書いた字は、にじみやかすれがあり、そもそも字の輪郭がワードのフォントのように、きれいな直線や曲線ではありません。細かく言うと紙の色そのものも、どこまでなら読まないのかという問題があります。今回は会社にある「社是」と、葉書大の「愛」という字で挑戦。

2102050221020503

今日も柳川さんにお世話になりました。元データを写真で取り込んで、それを加工します。「愛」と言う字で説明すると、私が書いた原版には、4画目左点の横に墨のにじみがあります。ここは不要。だからデータ上でカットします。そしてたまたまですが、5画目の横棒の真ん中やや右辺りにも、紙と墨の相性でにじみが出ています。こちらは「わざと」残します。この辺はソフトに任せられません。そこで全体のバランスを見て調節する。

21020512

イラストレーターで作ったデータをtrotec加工用データに送り、加工条件を整えてEnter。こんな感じに↑。厚さ3㎜の黒のアクリル板に文字を刻み、180×220㎜にカッティング。どうです?私は「めっちゃいい!」と思いました。それぞれの線がにじみながら交差して行く辺り、筆の風合いが十分に残っています。アクリル原板に対し、枠の取り代を余りにも薄くしたので、右下縦方向のバリがうまく取れませんでしたが、これも1つの学習。

2102050621020509

いやあ正直言って、今回の2時間の操作だけでもう大丈夫!というほど、PCやソフトの扱いには長けてません。でも何をどうしようとしているのか、全体がどんな流れなのか、こういうことをしたいと思ったら、どういう機材を使えばいいか、という辺りの初歩の考え方が、おおよそ理解できました。それだけでも全然違う気がします。そして何より、この出来上がりの「作品」が、実習参加当初の想像以上に、自分の心にヒットしました。

2102050721020510

はい、私の作品群↑(笑)。とっても気に入りました。こんなに簡単に、こんなにきれいに仕上がってしまう。力も要らないし汗もかかない。でもソフトで指示を出し、それが形になっていくのを見ると、何とも言えない「機械と自分でやった感」があります。まして今回は自分で書いた字を、更に自分で(と言ってもほとんど柳川さんですが)二次創作しました。アナログとソフトを合わせたものづくり、なるほどデザインは力だ。KMG、面白い!

21020511

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>