社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > ヒョウ柄のアイロンスタンド

ヒョウ柄のアイロンスタンド

反アイロン台 – アイロンがけマメにされます?日本で使っていたアイロン台は「台」で、机かもしくは床の上に置くことを前提とした高さがせいぜい正座した人の膝の高さ15cmくらいがほとんどですよね。無理な姿勢を強いられて、めっちゃ作業性が悪いです。腰高のスタンドタイプはお店に1種類置いてあるといい方です。

ヒョウ柄かっ – ここに入居する時に、大家さんにコンロやテレワーク用の椅子など(こちらは賃貸物件は家具付きが多い)に加えてアイロンとアイロンスタンドが欲しいと交渉したら、頼んだ物は全部用意してくれた!めっちゃ良い大家さんで幸せ‼ 今日、梱包を解いたら「ヒョウ柄」⁉それも豹顔が❕ 大家さんナイスセンス。

ヒョウ柄のアイロンスタンド?豹の顔

電気製品が安い – 家賃を値切ったのにいろいろ買わせて罪悪感があったのですが、スーパーで電化製品の値段を知ってびっくり。IHコンロや電子レンジは6,7千円扇風機は3,4千円、日本から持ってきたエスプレッソはIHにかからないので、自腹で電気コンロを買ったのですが3千円でおつりがくる。200Vの電圧で電化製品めっちゃ早い、快適!

2口のIHコンロエスプレッソ用に買った電気コンロ

どんな目的による – 写真を見て特にエスプレッソ用の電気コンロは「ちゃっちいぃ」と思われるかもしれませんが、幼いころ姉が遊んでいたおままごとセットみたいで結構かわいい。目的はうまい飲み物や料理なので、道具に凝るのは無駄じゃないかと思うし、壊れれば買いなおせばよいと思うと、なんか合目的で合理的な人格になった気がします。なんといっても単機能なので、直感的な操作性は勉強する時間も無用ですしね。

ちなみにヒョウ柄のアイロン台に乗っているアイロンは、大阪のメーカーが作った日本製!やればできるじゃないか日本人という話でした。

One Response to “ヒョウ柄のアイロンスタンド”

  • 浜辺 裕史 says:

    柄はさておき腰高のアイロン台便利ですよね。ベトナムでも腰高が主流でした。コンロが電気であるところも同様です。ガスといえば露店のプロパンぐらいですか?

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*