社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > WEB全社会議に参加して

WEB全社会議に参加して

4月11日(土)は全社会議(スプリングミーティング)でした。

今年は初めてのウェブ形式での開催ということで運営関係者を除き社員は基本自宅からの参加でした。

ということで私も今年は帰国せずクアラルンプールの自宅より出席しました。

 

今回一番印象的だったのは、途中で気付いたら「自分が日本にいる」と錯覚していた事です。

さすがに現場で集まっている雰囲気とは違いますが、発表者、出席者全員の表情が映し出され、同じ資料をみながら聞いたり、話したりすると、こんなに離れているのにその距離を感じさせない一体感が得られたのが初めてで驚きました。

 

そんな会議を企画、準備、運営された社内関係者に感謝いたします。

きっと手探りのなか普段の準備とは違う事が多くあったと思います。

 

ここでマレーシアの状況について、今もロックダウン(都市封鎖)中で在宅勤務中です。(既に27日目)

最初の予定は3月18日から3月末まででしたが、延長、再延長で4月28日までの予定となりました。私もローカル社員達も出勤どころか自宅から出れない不自由さ、日々更新されていく情報、出口の見えない状況に対するストレスは相当なものです。

日本では欧米諸国の情報が多い(ほとんど)ですが、マレーシアはじめアセアン諸国もロックダウン中の国は多く、そこで生活・就業・留学している日本人は多くいます。

本来なら静まり返った街の様子や、日々の感染者数の推移、ニュースなど発信していくべきなのかもしれませんが、出来ておらず申し訳ありません。

ただ、今回このミーティングに参加して得られた感覚が今このブログ更新の大きな動機となっています。

 

「何もかもがうまくいかない」

絶望感もありますが、皆となら耐え忍び、乗り越え、打ち勝てると信じて闘っていきたいです。

そして日本も大変な中いつも気にかけて頂き有難うございます。

 

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*