社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > ここからが大切

ここからが大切

日本では新しい形のゴールデンウィークをお過ごしの事と思います。

マレーシアは3月18日から続く活動制限令(いわゆるロックダウン)が再再再延長で5月12日迄の予定です。

当初厳しすぎると感じた徹底策も、大きな混乱なく、おかげでマレーシア国内感染者数は約6,400人(本日時点)で抑えられ、最近は1日の新規感染者数100人以下、それ以上の回復者数となっています。

その効果もあり先週末「制限緩和」が急きょ政府発表され、皆驚きと、悲喜こもごも混じった状況です。

その概要としては、5月12日まで活動制限令は続くが、多くの経済活動(企業、店舗)や社会活動(人の移動、屋外活動)等が一定の条件下で再開されるというもの。

私はこの発表を聞いて、素直に嬉しさを感じましたが、同時に緩みからくるリバウンドを懸念しました。それはもう今まで極端に締付けられていた分、急に人が街に出て集まったり、騒いだりと。

 

しかし、発表から数日が経ち、予想とは違った形で様々な混乱が生じています。

 

まず、この規制緩和の対応について国内各州の対応が異なります。各州によってこの発表通り緩和する州や、一部保留する州、独自の判断で進めようとする動きが出ています。今までは全国一律での規制でした。

そして、経済活動を再開させる為の「ヒト」の安全においては、より多くの検査実施や、従業員が感染時誰が費用負担するか、政府担当者でさえ日々違う意見が報道されています。さらに各業界・業種毎に定められて衛生手順書(SOP)も不明瞭なため、再稼働したくてもできない企業、商店が多く出てきています。一方、経済活動再開を反対する署名運動が始まったという報道もーー。

 

そんな中、当社(SANKYO MACHINE TOOLS MALAYSIA)では、営業再開の役所承認を得て、来週(5月12日)から本格的に出勤を伴う業務再開に向けて現在準備中です。

社内の衛生マニュアルの策定・実施や新たな出勤体制(在宅、時差、シフト制)手探りで対応してまいります。

極力お取引先各社にご迷惑をかけないよう、お役に立てるよう、社員一丸となって進んでまいります。

そして何より健康第一STAY SAFE , STAY POSITIVE(前向きに)過ごしたいです。

 

国も社会も個人もここからが大切。

 

以下写真のご紹介です。

SURIA 2

(今週からショッピングモールに灯りが戻りました)

SURIA 1

(先週まで ↑)

LUNCH

(約7週間ぶりの外食)

STAY SAFE

(油断しない)

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*