社員ブログ

心の金曜日

最近社内で「ココキン」という言葉が、よく飛び交っています。今日の夕方ココキンなんで、ちょっと席空けます!といった具合に。ココキンとは、今年度自主メンバーで企画された、「心の筋トレ」というワークショップのことで、全社員をランダムに4、5人ずつのグループに分け、あるテーマを各グループ1時間×2回=1クール行い、一定の期間で結論を作るというもの。既に1クール終了。2クール目の今、私は「チームTOKI」に所属。

今回主催者が出したテーマは、「三共精機のおもてなしについて考える」というもの。チームTOKIは、リーダーが海外営業部 時くん(だからチーム名が”TOKI”)、国内営業部伊吹さんと、河村くんそして、私の4人。ちなみに部署や場所や立場は横断的。場所が違えばオンラインでやりますが、TOKIはたまたま全員京都なので、集まってミーティング。昨日がその2日目ということで、1回目に議論した話を、更に揉んで結論を作る。

初回まず最初に5分ずつ、このテーマで自分が考えてきたことを、各自話すというところから始めました。その間、社内のTeamsのグループチャット機能を使って、ふと思ったことなどを、常日頃からそこに書き出してもらっておく、ということをしていました。そしてミーティング日が近づくと、それまでのチャット内容も含め、次回何をどんな順で話し合うかを決めて、当日Mに臨む。チームTOKIはまず、「おもてなし」の定義を考えました。

曰く、「ウエルカムな気持ちが相手に伝わり、相手の”ひと手間”を省ける、マナー+α」だと。その表現にテクノロジーも活用しよう。またおもてなしには、有事型と平時型があるねと。結果、具体策として①平:来客サイネージの継続、②有:オンラインM用ツール作成(名前入りバーチャル背景、二次元バーコード名刺・会社案内・顔写真)、③平:顔写真付名刺、④平/有:顧客新聞記事送信。ココキンは「心の金曜日」な気がします。

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*