社員ブログ

トップページ > 社員ブログ > 日々の感慨 > ガッテン承知の介

ガッテン承知の介

一昨日たまたま夕食時のTVで、「ためしてガッテン!」という番組を観ました。観た人も多いかもですが、この1年半「マスク」をつけることが多くなった生活で生じた問題、「マスク時代の新お悩み解消術」がテーマ。問題は3つ、口臭が気になる人が増えたという問題。頬がたるみほうれい線がくっきりし顔が老けたという問題、マスクは紫外線対策になるかという問題。それぞれとても「ガッテン」できる実験で説明され、納得。答はこう。

まず口臭問題は、舌の舌苔が原因。マスクをしていると、マスクの中で自然と口が空いていることが多く、また口呼吸になる人もいて口の中が乾く。なので解決策は、一日3回くらい飴を舐めること。飴を舐めると口を閉じる、舌の上で転がし唾液を流動させ易い。唾液が舌苔を除去してくれるんですね。また紫外線の問題。UVカットじゃない普通のマスクは、ほとんどUVカットしないので、クリームはマスクの下にも塗る、が回答。

一番気になる、老け顔問題。これは実際そうなるようです。理由は、同じように話していてもマスクをしていると、口角を上げる筋肉を動かすことが少なるなるという、実験結果が出ていました。だから通勤途中やPCに向かう時に、一人でキュッと大きな笑顔を作り、5秒くらいキープしてすぐに脱力、みたいなことを、マスクの下で意識して1日10回くらいやってくださいと。答えは全て簡単と言えば簡単なので、ガッテンした人はぜひ!

しかしよく考えると、マスクをしていなかった時は、これらのことを何も意識することなくできていた、とも言えます。風邪や花粉症でもないのに、ずっとマスクをしていること。銀行に入る時に、マスクしてたらヤバい人と思われた時代と、マスクしてないとヤバい人と思われる時代。ずっとマスクをしてるのは、やはり異常なことだと思います。ところで個人的には、中国語を学ぶのも頬筋を鍛える一手かと。口角の駆使、苦労してます!

2 Responses to “ガッテン承知の介”

  • 桜町じぞう says:

    ガッテンはよく見る番組で、最近ではレモンとアサリの回が印象的でした。奥行きある味になる大人の苦味の秘訣は、レモンのワタに!とか。アサリはみんな生きている。だから3時間育てよう!とか。あの手この手の拘りの実験が説得力に繋がります。椎名林檎が唄う主題歌「ジユーダム」も好きですね。

  • 石川 武 says:

    桜町じぞうさん、いつもありがとうございます!ガッテンは、というかNHKのこの時間の番組が、晩御飯の時によくついているので、つい見てしまうのです。アサリ、見ました。おまじないも、見ました(笑)。椎名林檎も好きです(東京事変も)。ということで、またオンライン飲み会やりましょう!

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*