社員ブログ

過去の表現

一昨日に続いて、今日も学びの備忘録。今回は中国語の「了」という言葉について。我々日本人はつい、「了」を付ける文は、中国語の「過去形」なんだろうと推測します。例えば「我去学校了。」は、「私は学校に行きました。」です。ただ中国語ではこれを、「過去形」とは言いません。これは「完了形」です。つまり「了」は、完了を表す言葉です。では過去形は?答えは、ない。未来形もない。我々は英語の文法で考えています。

ごく簡単に言うと、一般的に例えば古い日付を文中に置くと、訳す時にその文章を「過去形」として訳すということです。未来も同じ。動詞の末尾が変化したり、「了」をつけたりしません。一方で「了」は「完了形」だから、期間を表すことができます。例えば、「我学了五年英語。」は、「私は5年間英語を学んでいました」です。これは5年間勉強したことは表しますが、今学んでいるかは不明という意味です。では今も学んでいる場合は?

答えは「我学了五年英語了」です。「了」が最後にもう1つ付く。これで「5年間学んで来た」、という意味になります。また「了」にはもう1つ意味があります、それは形容詞や特別な動詞の後ろについて、「変化」を表すということ。「特別な動詞」とは「是、有、在(動きがない動詞)」です。日本語では「~になった」の意。例えば「天黒了」は「空が暗くなった」です(「暗かった」ではない)。では「他是医生了」は?彼は医者だった、ではない。

答えは「彼は医者になった」です。文法を知らず安易に扱うと、意味がほぼ逆になる。片方は今医者になっていて、片方は今医者ではない。「了」が「変化」の意を持つから、なしえる解釈。もちろん完了形も、実際は過去形と重なる単純な文も多い。ただ英語や日本語で同じ文法はない。言葉は本来訳せないのだと思います。appleとリンゴは違う。でもこの時制の捉え方等に、その国柄が見えそうなのが何とも面白いなと思うのです。

ログイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*